×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2008年10月5日(日) 泉大津十二町連合10周年記念曳行

試験曳きの午前中、連合結成10周年を迎え記念曳行が行なわれました。

  

9時50分、池上曽根遺跡付近にて千原町に出会いました。

  

  

北曽根町内を通ります。

  

  

そして南曽根町内を曳行。途中池上町と合流。

  

このまま十二町連合コースまで一直線。

  

千原町の後を曳行する池上町地車。

  

  

  

曽根地区の地車が集結しつつあります。

先頭は、二田町。北曽根・南曽根・池園町・千原町・池上町と続きます。

  

10時5分、穴師神社方面には池浦町の地車。その後に穴師の地車が並びます。

池浦町・豊中町・板原町・我孫子

曽根地区の地車

  

10時25分、池浦町を皮切りに記念曳行一斉スタート。

  

その後、穴師連合コースの池浦郵便局を全町通り、板原町内へと向かいます。

  

板原町内

  

日陸周辺

  

板原町内に乗り入れる曽根地区の地車

  

  

この後、穴師連合コースの逆忠地。

  

11時30分、先頭の二田町が板原町内を出発。曽根・助松地区へと向かいます。

  

12時40分、先頭の助松町が曽根・助松連合コースへ。(途中順番が変わっています)

  

曽根・穴師の地車が近畿大阪銀行前をやりまわし。

   

そして、千原町・曽根町内を通り終点の池上曽根遺跡へ向かいます。(穴師4町は、池上町内へ乗り入れ)

その2へ / その4へ(最終)