×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2007年10月6日(土) 堺市豊田、片蔵 大庭寺乗り入れ

毎年、豊田は地区を隔てて大庭寺へ乗り入れます。今年は片蔵が初参加。


16時48分、豊田の町内を抜け、2号線までやってきました。

  

2号線を横断します。

  

やりまわしで三木閉方面へ。

  

続いて片蔵がやってきました。

  

この先の池手前をやりまわし。(ここの風景に見覚えのある方がいらっしゃるかも。)

  

片蔵はここに来るのは初めて。(止めまわし。)

  

片蔵 : 平成3年(1991)新調。大工:池内幸一、彫師:野原湛水 (獅噛:川原和夫)。本年で新調16年目を迎えます。

  

17時、泉北北線を横断。大庭寺の献灯台前を通過し、大庭寺町内へ入って行きます。

  

  

片蔵は、新調より10年後の平成13年(2001)に大修理を行っています。又、正面担ぎ棒は踏み台より内側にあります。

  

この手前はカーブになっていて、先に行った豊田はそこでやりまわしを行なった。

  

17時3分、大庭寺の皆さんが出迎えます。(地車は、左画像の右側の路地にあります。)

豊田、片蔵地車は、Uターン出来る場所までそのまま進みます。

その2へ


初めて行った所で、後から追っ掛けて行ったこともありまして、何処でやりまわしをするのかが全く予測出来ませんでした。