×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2007年10月7日(日) 岸和田市矢代寸神社 宮入

今年、鎮座1500年を迎え大規模な改修工事が行なわれました。

  

私が着いた時にはすでに全町宮入が済んでいました。

  

左から、真上町・神須屋町・極楽寺町・流木町・八田町。

  

旭・太田・修斎地区より5台の地車が、この矢代寸神社(やしろぎ)へ宮入を行ないます。

  

偶然か、全町交差旗が付いています。真上町以外は切妻の地車。

  

神須屋町は来年地車新調。

  

現地車は、昭和25年(1950)新調。今年で新調57年目を迎えます。氏子5町では平成新調地車一番乗りになります。

  

流木町:S8年、八田町:S23年、神須屋町:S25年、極楽寺町:S28年、真上町:S32年と流木町以外は比較的新しい地車ですね。

  

  

岸和田山手屈指の宮入名所の一つ。今年は、改修で綺麗になり例年になく沢山の観客が訪れたことと思います。

祭礼が終り、10月21日には記念祭が行なわれました。