×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2007年10月6日(土) 堺市山田・北高尾、和泉市上代町乗り入れ

本年始めて見に行きました。祭礼日が重なる時は乗り入れているそうです。


7時38分、山田地車が会館を出発。高尾との境界辺りまでひたすら上がります。

  

7時45分、高尾との境界まで来ました。ここで小休憩。後の方に、北高尾の地車が待機しています。

  

7時48分、北高尾の地車がやってきました。纏新調??

  

この後、阪和道の一本山側の道までひたすら下がります。

  

7時58分、福泉中学前を両町が通過。さらにまっすぐ。

  

8時2分、上代町との境界まで来ました。会館まで直線が続きます。

  

8時5分、上代町会館前へ到着。上代町の皆さんが出迎えます。地車は、会館入口前にいました。

  

山田、北高尾の地車はここでUターン。8時11分、定位置にそして休憩。

  

8時25分、出発。

  

北高尾 : 今年で購入5年目。泉州に2台しかない、大屋根正面カチコミ垂木の貴重な地車。

  

続いて山田地車。

  

8時32分、上代町の地車も続きます。

  

上代町の地車もあと3年。新調時には、山田も出迎えるのでしょうかねぇ。

  

上代町の地車は、見送り式ですが野代と同じく枡合が無い構造になっています。

  

  

8時39分、山田の会館近くまでやってきました。

  

  

  

8時45分、山田会館前に到着。3町揃って休憩していました。

ここ最近に祭礼日が重なったのは、昨年と今年。北高尾は昨年始めて乗り入れたとか。


おそらく、オリンピックより長いスパン(5、6年に一度?)で巡って来る年だと思います。次に乗り入れるには、上代町が新調してからになるかも。

(貴重な機会なので、もうちょっとしっかりレポートしたかったが、何ゆえ直線距離の長い曳行ルートだったので追い抜くにも乗り物なしには限界のある距離でした。)