×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2006年10月1日 泉大津市板原町 新調入魂式

当初、9月18日に行なう予定だった入魂式が台風の接近に伴い延期。本日、10月1日改めて新調入魂式が行なわれました。
当日は、あいにくの天気、試験曳き当日ともあって、珍しく新調入魂式にしては、ギャラリーが少ないようでした。


5時現地到着。搬入風景見れませんでした。着いてすぐに地車が来ました。

  

  

  

5時21分、泉穴師神社へ到着。今年は参道入口の鳥居が新しくなっています。

屋根には、上棟式の立板を立てます。最近流行かな、上泉・中北町の新調入魂式の際にも立てていました。昔は普通だったのでしょうね。

ここまで見て一旦、帰宅


再び、行ったのは6時半過ぎ、先回りして郵便局前に着くと、ドンピシャで纏が見えました。間に合ったぁ〜
しかし、おっちゃんが「もう村中へ帰ります」の一言。2周じゃなかったのかと思いきや、どうやら、私が見たのが2周目だったようだ・・・

  

ここでやりまわしをするとは思いませんでした。日陸を超えて、7時13分橋へ。

  

  

  

7時28分、もどって来ました。本部へ

  

  

本部で、腰廻りカバー、常旗交換後、8時9分海側へ出発

ここまで、見て帰宅。

板原町の皆さん、足掛け7年納期を延長して、ようやく完成した新調地車。おめでとうございます。また1台、植山さ&岸田さんコンビの銘地車完成ですね。

 

当日は、雨が予想より早く降り、カバーなしの地車が見れず、私は早く帰りましたが、式典の際には雨が止んだようで、カバーを外していたそうですね。
ずっと付いていれば良かった・・・。当初は穴師・さつき連合との顔合わせ風景を見る計画でしたが、雨の為断念。無念だ・・・。